貴州のトン族集落を訪ねて(高仟村)

f:id:toyojapan1:20170602223906j:plain

雨の多い貴州にはどこか燻んだ色合いの家々がよく似合う。
黑褐色的舊木屋綿延堆疊 呈現出壯觀又平靜的景色

 

f:id:toyojapan1:20170602223936j:plain

棚田は水を張って周囲の景色を映しこむ時期が一番綺麗だが、冬の菜の花もまた綺麗。
在尚未放水的時候,油菜花就是梯田的主角。

f:id:toyojapan1:20170602223941j:plain

トン族の集落の中心を成す鼓楼の内部には火を囲んで四方に長椅子が配置されており、老人達が優雅に煙草をふかしながら談笑している。
侗寨以鼓樓為中心 小孩在鼓樓周邊撒開歡兒地跑來跑去 老人家窩在裡面圍著火塘取暖

f:id:toyojapan1:20170602223944j:plain

トン族の重要な風俗の一つに闘牛がある。
兩隻牛衝向對方 觀眾也興奮起來

f:id:toyojapan1:20170602223948j:plain

芦笙という竹で作られた管楽器は貴州をはじめとするトン族、苗族居住地域で多く用いられる。パイプオルガンに似たような独特な音色でテンポの良い演奏が行われ、お祭り気分を盛り上げる。
http://museum.min-on.or.jp/collection/detail_K00176.html
蘆笙齊奏為鬥牛增添一份歡樂的氣息 獨特的旋律依然在耳邊回響

f:id:toyojapan1:20170602223949j:plain

「牛王」が次々と闘牛場に運び込まれる。今回は46頭の参加。
牛王即將要進賽場了

f:id:toyojapan1:20170602223951j:plain

道路が開通し交通条件は劇的に改善された。しかしそれでも橋のない道路の対岸の集落は時間が止まったような佇まいで、住民達は道路と家の間を依然船で往復している。
柳江左岸的國道321號經過近年的拓寬工程,交通變得便捷快速,但是右岸的村寨仍然保留著以往的樣貌。河畔到處遍佈還沒有建橋的老村,當地人通常搭車搭到對岸,然後再換乘船才能回到自己的家

f:id:toyojapan1:20170602224013j:plain

 高仟村。鼓楼から煙が立ち上る。

f:id:toyojapan1:20170602224016j:plain

全てが木でできているトン族の集落の大敵は火災である。鼓楼の前に配置されている池は消防設備としての役割を果たしているそうだ。
鼓樓前面的水池作為消防設施

f:id:toyojapan1:20170602224018j:plain

棚田が描く等高線
在缺少平原的貴州山區,幾乎每一座山都被開闢為梯田,形成一條條等高線

f:id:toyojapan1:20170602224020j:plain

現地トン族はバイクで林道のある地点まで移動し、そこから森林に入って山野草や薪を採集し、また家に戻っていく。
どのような植物を利用し、その利用領域は集落民の間でどのように調整されているのだろうか。
當地居民的山林利用模式就是機車騎到某一個路段,走進道路兩旁的森林裏採野菜與木柴之後,把它拿回來捆在後座

f:id:toyojapan1:20170602224022j:plain

トン族は煙草をこよなく愛する。老人達が使っているパイプは一種の芸術品とも言えるものである。

f:id:toyojapan1:20170602224027j:plain

道を尋ねたトン族のおじさん。
侗族老人抽烟,動作十分熟練,表情有種滄桑感

f:id:toyojapan1:20170602224030j:plain

冬天的梯田雖然沒有生機,但是形成的幾何花樣還是十分優美 

f:id:toyojapan1:20170602224035j:plain

貴州の名物料理の一つに「牛瘪」がある。
牛の肉や内臓を生姜や唐辛子、花椒と一緒に炒めて塩を振りかけ、最後に牛の胃腸の内容物の液体を鍋に注ぎこんでグツグツ煮れば完成。貴重な写真は卒業式の日に失くした携帯電話と共に消失した。

黔東南不能錯過的名菜是牛瘪。
牛瘪的做法非常驚人。將肉、姜與花椒先爆炒之後倒入牛的胃腸內容物再煮開,浮上來的一層雜質除掉之後就可以吃。我當時拍整個過程的影片,後來那個珍貴的資料跟手機一同丟失了

f:id:toyojapan1:20170602224039j:plain

f:id:toyojapan1:20170602224042j:plain

闘牛は決して一方をやっつけるまで闘われるものではなく、勝負が決すると縄が双方の脚に括りつけられ、数人がかりで引き離しにかかる。
鬥牛并不是兩隻牛打到死,一旦分出勝負就要拉開隔離冬天的梯田雖然沒有生機,但是形成的幾何花樣還是十分優美 

f:id:toyojapan1:20170602224044j:plain

秧里村

f:id:toyojapan1:20170602224047j:plain

男性と女性が一緒に群れることはなく、男性は男性、女性は女性で火を囲む

f:id:toyojapan1:20170602224050j:plain

これは一体・・・・?

f:id:toyojapan1:20170602224053j:plain

f:id:toyojapan1:20170602224056j:plain

集落の端の方には高床式の家畜小屋がある。地階の板で囲まれた空間に豚や牛が飼われ、2階には飼料が貯蔵されている。
寨邊簡單蓋的高脚屋兩層樓,通常底樓為用來養豬和牛,樓上放穀物飼料

f:id:toyojapan1:20170602224100j:plain

鼓楼の門は閉まっていて、中で集落の老人達が談笑している。中に入るのには少し緊張感がある。
鼓樓的門口被關閉起來,要推門走進鼓樓需要很大的勇氣

f:id:toyojapan1:20170602224103j:plain

現代において「国家」はまず領土の範囲を画定する。そして調査事業を通じてその領域の中に住む雑多な人々の生活の可視化・体系化を進めていく。そして教育を通じ「近代的、文明的」でない習俗については適正化が行われる。こうした「文化の可視化・体系化・適正化」という一大事業が済んだ後、それぞれの「文化」は、国家の多様性を構成する貴重な文化の一部として「保護」され、またそれが国威発揚の道具となっていく。こうして「中華人民共和国を構成する多様な文化」の一部としてのトン族の「伝統文化」が誕生し、宣伝されるようになる。