梅の花香る安東河回村

f:id:toyojapan1:20190407002951j:plain

「安東河回村」は世界遺産に登録された韓国の伝統的な村で、120戸、230人ほどが暮らしている。李氏朝鮮時代の両班と庶民が暮らす村の雰囲気がそのまま残っており、蛇行して悠々と流れる洛東江に囲まれて立派な瓦葺の家と可愛い藁葺の民家が身を寄せ合う、美しい村だ。

今回は村で一泊し、村の中を隅々まで歩き回った。その中で面白いなぁと思った気づきを備忘録として残しておくと共に、実用的な情報も少し交えながら紹介していこうと思う。

続きを読む

新羅の古都 慶州と仏国寺

f:id:toyojapan1:20190406125601j:plain

日本の仏教は朝鮮半島から伝わった。このため朝鮮半島と日本の古代仏教文化や美術品には共通点がたくさんある。奈良出身の自分にとって、奈良時代平安時代の日本に大きな影響を与えた新羅の古都・慶州はいつか訪れてみたい町だった。実際、慶州市と奈良市姉妹都市なのだ。

今回は駅の近くで自転車を借りて慶州市内〜仏国寺を回った。以下に簡単に記録を記しておこうと思う。

続きを読む

韓国鉄道旅行の魅力について

f:id:toyojapan1:20190401205335j:plain

3月20日~24日に韓国へ旅行した。移動手段は路線バスを除くと全て鉄道で、大邱~慶州~安東~ソウル~大邱という経路で京釜線、中央線などを乗りつぶした。そこで、今回の記事では韓国鉄道旅行の魅力を何点かに分けて紹介してみたいと思う。また、記事の最後には韓国の鉄道切符の買い方を簡単に紹介する。

続きを読む

韓国の旅の情報収集方法(関東在住者向け)

f:id:toyojapan1:20190224195516j:plain

近く休みを取って韓国に行く予定にしている。今回はその前段階として、韓国旅行の情報収集方法(主に関東在住者向け)を紹介すると共に、自分がこれまでに読んだ本をテーマ別に挙げていきたい。

続きを読む

青春18きっぷ旅~山口線で行く津和野・山口

f:id:toyojapan1:20190112020424j:plain

関釜フェリーの「青春18きっぷ半額キャンペーン」で韓国に行くことにしたので、ついでに出港地の下関まで寄り道しながら鉄道旅を楽しむことにした。

出発前は、もう自分の心情的に、かつてのようにのんびり旅行をすることはできないんじゃないかと思っていた。同じ鉄道のボックスシートに座っていても、落ち着かずにそわそわしてしまうのではないかと、そんな気すらしていた。でも実際そんな心配は杞憂に終わって少しほっとした。ソウルまでLCCで1万円以内、2時間で飛べるこの時代にあって、わざわざ鉄道とフェリーで韓国に行くことにまだ価値を見出せる自分で良かったと思った。

続きを読む