新宿御苑の桜

f:id:toyojapan1:20180331000857j:plain

東京は桜の名所が多い。

2012年の春、初めて東京に出てきた僕は日本武道館で行われた大学の入学式に参加した。「タフでグローバルであること」という総長の話があった以外入学式で何があったのかは正直あまり覚えていないけれど、その日武道館を出てから見た千鳥ヶ淵靖国神社の満開の桜がこれまで自分が見てきた桜の中で群を抜いて綺麗だったのは今でもよく覚えている。

2012年的春天,我開始了在東京的生活。剛搬到東京沒幾天的4月9號,大學的入學典禮在皇居旁的日本武道館舉行,而櫻花在那幾天也恰巧進入了盛開季。我幾乎都忘記在典禮裏誰上台講了什麽話,但唯一令我印象非常深刻的是,中午時刻典禮結束之後從武道館走出來、眼前展開的是非常漂亮的一片櫻花樹。那就是千鳥淵(皇居的護城河)和靖國神社的櫻花。那時候母親還很健康,以無邊無垠的櫻花為背景,幫我這個新生拍了許多照片。

大学生の時は、生活圏が近い関係でよく上野公園に出かけた。本郷や根津に住んでいた当時、普段は面倒臭がって近くの「赤札堂」で買い物をすます僕も、春の桜の時期だけは不忍池の畔を通りたいがためによく湯島の業務スーパーまで買い物に行ったものだった。買い物袋を自転車のハンドルに下げながら公園内の桜のトンネルを歩き、清水観音堂を通り過ぎ、国立博物館正面の噴水で一服。そして最後は谷中のカヤバコーヒーのあたりまで自転車を走らせて満足して家に戻ってくるような、そんな生活が今となっては懐かしい。

大學時期,因爲住在附近的關係,我常常到上野公園閑逛。懶動的我通常在離家最近的超市買每天的食物。雖然那邊有點貴,但能夠省下不少麻煩。然而,到了櫻花季我有時侯特地騎車去湯島的業務超市買東西,因為這樣可以經過上野公園的不忍池,欣賞春天的風光。每次在業務超市買好一堆食物之後, 我把裝滿的塑膠袋挂在腳踏車手把,推著車走過上野公園中間的櫻花大道。沿途可以欣賞隱約在樹林間的清水觀音堂,再到東京國立博物館前面的噴水處休息一番,然後再騎車經過谷中的百年咖啡店-cayaba coffee回家。我曾經很喜歡這樣的生活。

f:id:toyojapan1:20180418001551j:plain

昨年から働くようになって、もう桜を愛でる暇なんてないのかなと思っていたら、どうもそんなことは無かったようだ。やっぱり春の時期暖かくなると気分もうきうきするもので、今年は天気の良い日に時間休を2時間取って新宿御苑へ花見に行くことにした。1時間の昼休みに2時間の時間休を加えると合計3時間の休みが取れるのだ。とはいえ移動の時間もあるし、何しろ想像をはるかに超えて広大な敷地を持つ新宿御苑なので、ついついあっちも見ようこっちも見ようとしてしまい慌ただしい花見になってしまったのは否めない。それでも御苑前の駅で嫁と合流し、桜の木の下で一緒にシートを敷いてお弁当を食べた時間は、小さいけれども確かな幸せを感じることができる瞬間だった。

今年東京的冬天是半個世紀來最冷的一個冬天,連續好幾天的早晨都是零下低溫。每天最痛苦的是早上聽到鬧鐘響的時候。到了再不爬起來就要遲到的最後一刻,只好硬著頭皮起來快速穿起西裝刮點鬍子,發抖著衝出門上班。 而今春天也來得特別早,似乎從2月中一口氣跳到4月,讓我有點適應不過來。

所謂「三寒四溫」是日本春天的特色,但今年的嚴冬之後接踵而來的是100%的春天。櫻花大概也被溫差嚇到了,比平常年早開了兩個禮拜,很多人包括我也因此改變了春遊計畫。三月底的有一天,我中午請了兩個小時的假,到公司附近的新宿御苑賞花。難得抽三個小時(兩個小時+原本的中午休息時間)出來,原本想要放慢脚步盡情地欣賞櫻花,但看到小冊子裡面介紹說園區裡面共有65種1000顆的櫻花樹,貪心的我便不知不覺中開始了走馬觀花。但鋪好野餐墊看著櫻花吃便當的那一刻,在時間悠閒的流逝中,我感覺到了一種”小確幸”。

f:id:toyojapan1:20180331001601j:plain

f:id:toyojapan1:20180331000247j:plain

ヨウコウ 陽光 

ソメイヨシノより満開が3日ほど早かった。鮮やかなピンク色の花をつけるため一際目立っていた。「天城吉野」と台湾の寒緋桜を交雑させて作ったという。

 

f:id:toyojapan1:20180331000523j:plain

カンヒザクラ 寒緋桜

中国南部~台湾、沖縄などに分布する色鮮やかな桜。上記の「ヨウコウ」も早咲きで有名な「河津桜」も、日本の白っぽい花をつける在来種にに寒緋桜を交配させることでできた品種なのだそうだ。

f:id:toyojapan1:20170207005228j:plain

※昨年1月末、台湾・新竹県の山地で見た桜がこちら。台湾では寒緋桜が山間部に広く自生している。1年少しぶりに新宿で再会できるとは思っていなかった。

f:id:toyojapan1:20180420230521j:plain

f:id:toyojapan1:20180331000223j:plain

タカトオコヒガンザクラ 高遠小彼岸桜

新宿御苑がある場所は、もともと信州高遠藩内藤家の屋敷地であった関係か、高遠小彼岸桜が植えられていた。樹高はそれほど高くないが、勢いのある見事な花を咲かせていた。来年あたりは是非高遠城址に足を延ばして、残雪をまとう山並みを背景に花を咲かせる姿を見てみたい。

f:id:toyojapan1:20180331000613j:plain

ジュウガツザクラ 十月桜

花が春と秋の2回咲く珍しい桜。エドヒガンとマメザクラの交配種で江戸時代後期から栽培されていたらしい。

f:id:toyojapan1:20180418000714j:plain

日本庭園

f:id:toyojapan1:20180331000746j:plain

見上げると一面満開の桜・桜・桜

f:id:toyojapan1:20180331001002j:plain

新宿御苑には65種類1000本の桜の木が植えられているという。広大な敷地の中にあって横の木に邪魔されることがないからか、みな樹勢がとても良いのが印象的である。東京で最も綺麗な桜の名所の一つだといえるだろう。

  • 参考情報

新宿御苑園内の桜の木の案内は

https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/map/migoro1303a.pdf

西丹沢縦走(西丹沢ビジターセンター~山中湖平野)

f:id:toyojapan1:20180322203010j:plain

3月の丹沢は冬と春が同居している。

標高の低い場所ではミツマタの花も咲き、春の訪れが随所に感じられる一方で、早朝の稜線上はまだまだ冷たい風が吹付ける。木々には真っ白な霧氷が付き、凛とした張りつめた空気が感じられる。かと思えば昼になると暖かい日差しに少し汗ばむような陽気の中、鳥のさえずりを絶えず聞きながら歩くことができる。

 三月的東京郊山,春季與冬季的景色共存。山下花朵逐漸綻放,帶來生命的氣息;而山上的樹林卻還是禿禿的。

f:id:toyojapan1:20180322003505j:plain

ミツマタ Edgeworthia chrysantha

和紙の原料として有名・

f:id:toyojapan1:20180322003025j:plain

f:id:toyojapan1:20180322003556j:plain

蛭ヶ岳より奥の西丹沢の山々は、カラフルな服を着た人達がたくさんひしめく表丹沢とは趣を異にしており、とても山深く静かな山域である。ブナを始めとする自然林が広く分布し、自然林はまた多くの生命を育み、食物連鎖の頂点に立つツキノワグマが高密度に生息している。そして新しく清潔な避難小屋が適度に分布しているので、手軽に縦走を楽しむことができるのも特徴である。

早晨時分,夾雜著水氣的強風陣陣,在樹上凝結成一條條冰柱,就像是滿開的白色花朵一樣純潔美麗。到了中午,溫暖的陽光灑落在樹林間,鳥叫聲絡繹不絕。

f:id:toyojapan1:20180322004104j:plain

f:id:toyojapan1:20180322004846j:plain

西丹沢ビジターセンターから出発し、稜線に上がってあたりを見渡すと、周りの山々を従えるようにして富士山が悠々と大らかに聳えている。そこから山並みを西へ西へと歩くと、徐々に前衛の山々が取っ払われて視界が開けていき、最後山中湖の手前の丘を登り終えたところで、裸になった富士山が目の前にドーンと姿を現す。

第二天從早上4點開始走到下午5點,全程超過20公里。原本以爲上到稜線後就很輕鬆,實際上從等高線看不出來的起伏陸陸續續出現。綿延不斷的高聳山丘,把我們折磨的精疲力盡。但爬上最後一座山丘的時候,一路隱藏在雲霧背後的富士山突然現身,彷彿和我們說:「辛苦了。」看著眼前寧靜的山中湖與富士山的雄偉山容相互輝映,一切的疲累都值得了。

f:id:toyojapan1:20180322003035j:plain

地図で見るよりもはるかに起伏が多く、なかなかハードな行程ではあるのだが、それだけの価値はある。山から降りて山中湖平野からは新宿まで直通バスがある。車内で仮眠を取りながら都内に帰るのはとても心地よい。

ただ、日曜の夜は渋滞して20時10分到着予定が結局21時半を回った。そのあたりは注意が必要か。

  • 今回の行程

1日目:西丹沢ビジターセンター~檜洞丸~犬越路避難小屋(泊)

2日目:犬越路避難小屋~大室山~加入道山~大界木山~菰釣山~山中湖平野

※2日目は朝4時出発夕方5時下山の13時間行動。菰釣避難小屋でもう一泊するのが普通の行程かと思われる・

※小屋ノートを見る限り、避難小屋には週末にだいたい1組~2組が宿泊しているようであった。小上がりに8人程度が寝るスペースはあるので、収容しきれないことは滅多にないと思われるが、仮にキャパシティを越えた場合は入口近くの土間のような場所に寝ることになるだろう。

今回は0.5Lのこちらの保温瓶を持って行った。朝一日分の珈琲を沸かして入れていくのにちょうど良い大きさ。夕方になってもまだ温かい。晴れた日の山頂で珈琲休憩を入れるのがちょっとしたマイブーム。

山と高原地図 丹沢 (山と高原地図 29)

山と高原地図 丹沢 (山と高原地図 29)

 

今回は定番のこちらの地図を使用。便利は便利なのだが、5万分の1の縮尺では稜線上の小さい起伏が表現されないので、実際に歩いてみて予想より遥かに多いアップダウンに悩まされることになった。

白馬岳と高山植物(Japan Alps~Paradise for alpine plants)

f:id:toyojapan1:20170803225902j:plain

Hakuba is famous by Westerners for skiing in winter season, but only few people know that it has a different charm in the summer season.

Actually, mountains in Hakuba(白馬岳: Shirouma-dake) in summer season is known by Japanese for the the density and diversity of alpine plants. When the snow starts to melt, alpine plants above the tree line bloom here and there. Cute little flowers, which comes with a lot of different colors and shapes, attract a lot of hikers to the mountain. 

There are plenty of mountain huts on the way, ensuring a comfortable stay just like staying in a resort hotel. Of course, you can also bring your own tent, food and a book that you like to immense yourself and enjoy your own jouney. Hakuba offers a great field to enjoy the diverse fascination of what they call "Japan Alps ", which in some aspects may be more attractive than the "original" one in Europe.

日本の国立公園 上―後世に伝えたい美しい日本の自然 (別冊山と溪谷)

日本の国立公園 上―後世に伝えたい美しい日本の自然 (別冊山と溪谷)

 

中学3年生のクリスマス、両親に「日本の国立公園」という本を送ってもらった。よく晴れたその日の朝、本を抱えながら階段を駆け上がって自分の部屋に籠った。そして受験勉強そっちのけで、ストーブの効いた暖かい部屋で心ゆくまで日本各地の風景写真を眺めた。思い返してみるとつくづく幸せで平和な時間であった。

そしてその時、特に印象に残ったのが白馬岳の写真だった。「大出原に咲くクルマユリ」、「白馬岳直下に咲くミヤマキンポウゲ」など、夏山の清々しい青空を背景に咲く色とりどりの花の写真を見て、山への憧れが募った。その山が「はくばだけ」ではなくて「しろうまだけ」と読むのだということを親に教えてもらったことも含めてとても印象に残ったのであった。

その後、高校1年生の時に初めて学校登山に参加して上高地から槍ヶ岳に登った。

明け方一人でこっそり山小屋を抜け出して見た満天の星空。一人で星を見るのが勿体なくて、仲の良かった友達を叩き起こして一緒に外に出ると人生で初めて見えた流れ星。槍ヶ岳山荘の前で、朝日に照らされる西鎌尾根の風景に「すげー」と興奮して声をあげると周りにいたおばさん達に笑われた時の恥ずかしさ。そんな初々しい山デビューを果たした2009年の夏の思い出は大切な記憶としてずっと心の中に残っている。

それから8年の月日が流れた。その間国内・海外の色んな山々を歩いてきたけれど、北アルプスには一度も再訪を果たしていなかった。社会人一年目になった今年、そんな昔のことをふと思い出して「白馬岳に行こう」と思い立った。

続きを読む

ハノイの街角と雑踏

f:id:toyojapan1:20170603161059j:plain

以前から海外に行く時は最低でも1ヶ月の時間を取っていた。その背景には、折角なかなか行けない海外に行くのだから、すぐに帰ってきたら勿体ないという潜在意識があった。

けれどもこの5年、LCCの就航ラッシュで、アジアの都市が時間的にも金銭的にもどんどん近くなってきた。今まで遠くに思えていた場所が、あっという間にアクセスできる休暇旅行先に変わってしまった。

そんなこともあって、今回は休暇のような形で高校以来の友人と一緒にハノイへ3泊4日で旅した。バイクと人の波を縫って歩き、ビールを相棒にグルメを食べつくし、食事の合間を縫って名所旧跡をハシゴした。

続きを読む

台湾の春節の過ごし方

f:id:toyojapan1:20170128235027j:plain

日本のお正月がそうであるように中華圏の春節は家族親族にとってとても大切な祝祭日である。台湾人の彼女と付き合うようになってから、僕は年末年始を日本で過ごし、約1ヶ月後にまた旧正月を台湾で過ごし・・・というように二度の新年をお祝いすることになった。日本のお正月とは一味も二味も違った「春節」の習俗を一つ一つを記録に収めたのが今回の記事になる。1年前を思い出しつつ、また2018年の今年も台湾で春節を過ごせることを期待しつつ。

去年一月底,我到臺灣跟女朋友與她家人一起過年。不管是滿桌的豐盛年夜飯、媽媽教我的蘿蔔糕做法、永遠跟不上大家速度的麻將、還是在廟裏迎接新年的熱鬧人潮,都令我印象非常深刻。但有時候如果不趕快寫個記錄,再難忘的體驗,隨著時間流逝,也會逐漸地從心裏消失。我抽空寫部落格正是因爲不想要忘記曾經美好的時光。只要不嫌麻煩寫出來,透過那時候自己寫的文章,幾年後,甚至幾十年後我還會想起很多的故事,可以跟親朋好友一起回味,也可以跟身邊的人分享。因此我曾經寫過的每一篇文章,不管別人喜不喜歡、懂不懂,可以説是我人生中最大的財產。雖然晚了一年,很開心終於能夠將去年過年的記憶也列入其内。

有時候讓我煩惱的是,如果想要寫個完整的記錄,拘泥每一篇文章的品質,因爲這樣很費力又花時間,常常會以忙碌為藉口拖下去,結果過了一陣子會發現有些事情已經不記得了。我遇到過很多次這種本末倒置的情況。然而,很快地隨便寫一寫文章也當然不能滿足自己的需求,所以一定要找到一個平衡點,而這是目前讓我最爲難的事情。

雖然我今年春節還不確定能不能夠在臺灣度過,但希望新的一年大家平安幸福。

続きを読む